TEL

Blog記事一覧 > 寝違え > 寝違えの事ならアイクル鍼灸整骨院にお任せください!!

寝違えの事ならアイクル鍼灸整骨院にお任せください!!

2013.10.18 | Category: 寝違え

朝起きて『頸が痛くて動かせない』『背中が痛い』なんて経験ありませんか?

この症状を『寝違え』といいます。

 

 

『寝違え』とは・・・

寝ている最中無理な態勢が原因で、持続的に圧迫が「頸部」や「肩甲帯部」に加えられることで筋肉の炎症が起きた状態の事を言います。

筋肉が炎症を起こして硬くなる事で痛みが発生しそれ以上曲げられない、動かせない状態が生まれます。

『寝違え』の原因


  ①突発的に起こる寝違え

寝ているときの態勢に無理があって首や肩、背中に負担がかかった状態。これが突発的に起こる寝違えの原因です。

就寝時に無理な態勢が続くと無意識ながら寝返りをとり改善するのが普通ですが、疲熟睡しているやお酒を呑みすぎ時などは

寝返りを打つことが出来ない場合がります。 

  枕の高さによる寝違え

枕の高さが合っていないものを使用していると、同じように無理な態勢が続いてしまい寝違えが起こりやすい状態を作ります

枕は自分の肩や首に負担がかからない高さを選ぶのが大切です。


 ③慢性的な肩こりよる寝違え 

長時間のデスクワークや目の疲労、頭痛が肩こりを助長しかばうような姿勢を取り、それが寝違えにつながる要因です。

 

寝違えの症状・・・ 

寝違えの症状は、首や肩の疼痛で、その症状は筋肉の炎症がもとで起きています。

「肩が痛いから肩こりかな?」と勘違いする方もいますが、肩こり血行不良が原因です

症状が似ていて間違うのも無理はありませんが、炎症と血行不良では治療法も違ってくるので注意が必要です。


 


 

    軽度の寝違え

首が回りにくかったり少し痛む程度で済みます。何も施さなくても23日以内に自然と治ることが多いです。

  重度の寝違え

頭痛や吐き気を伴うこともあり、動くことが出来なくなるほど酷いこともあります。

こうなると仕事はおろか日常生活にも大きく影響を与えます。

 

寝違えの予防法について・・・

  ①枕の高さ

枕の高さは、体系や首の長さ、頭の大きさや重さも関係し使い心地も自分の好みがある、枕選びは難しいです

高さの調節は、タオルを使って微調整するのがお勧めです。

枕が高いと思ったら自分の肩の下にタオルを敷いて、低いと思ったら枕の下にタオルを敷いて調節しましょう。

  ②寝ている姿勢

寝違えが多い人はうつ伏せで寝る癖があ、うつ伏せで寝ていると、寝違えを回避できる『寝返り』がどうしても打ちづらくなります

 うつ伏せで寝ないように、抱き枕などを抱い て寝るよう工夫しましょう。


  ③日頃の生活

生活リズムが乱れている人や不健康な生活を送っている方は注意。健康的で規則正しい生活を心掛けましょう。

また運動不足や体の固い方も要注意。日頃から体を動かして運動不足にならないよう努めましょう。

  ④精神的にストレス

気分転換やリラックスできる時間を作って出来るだけストレスを溜めないようにしましょう。

患者さまの中にも最近寝違えで来院されるケースが増えています。

 ここ最近気温も低くなり筋肉も硬くなりやすい状態でさらに日々の疲れやストレスが原因で

寝違えを引き起  こす環境が日々作りだされています。 

寝違いを起こさない環境づくりはとても大切です。

日ごろから筋肉の状態を良くするように心がけましょう。

筋肉の状態が悪く続 くと今度は関節にも負担がかかりやすく上肢の痛みやしびれにつながる事があります。

そうなる前に是非、アイクル鍼灸整骨院にお越しください。

一人ひとりの患者 様の状態をみながら関節の調整や指圧マッサージで 痛みを根本治療いたします

更にストレッチや運動指導、日常生活の指導も行ってまいります.

 

                         アイクル鍼灸整骨院 TEL:03-3630-8810

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

アイクル鍼灸整骨院

所在地〒135-0032 東京都江東区福住1-14-6 松井ビル1F
電話番号03-3630-8810
休診日日曜・祝祭日
院長小椋 正樹