TEL

Blog記事一覧 > ケガと炎症 > 炎症ってなに?江東区 深川 門前仲町 治療 アイクル鍼灸整骨院

炎症ってなに?江東区 深川 門前仲町 治療 アイクル鍼灸整骨院

2013.05.09 | Category: ケガと炎症

 ケガなどが原因で細胞が傷つき壊れてしまいます。

その傷つき壊れてしまった細胞を修復してくれる過程のことを炎症といいます。

簡単に言いますと足や腕をぶつけると赤くなったり、

捻るなどして痛めてしまった場所は腫れあがり熱っぽくなってきますよね?

それが炎症です。

 

 

 

炎症5つの特徴

 

 

 

□ 疼痛(痛くなること)

 

□ 腫脹(腫れてしまうこと)

 

□ 発赤(赤くなること)

 

□ 発熱(熱っぽくなること)     

 

□ 機能障害(痛くて動かせない状態のこと)

 

 

 

このようにケガをすると炎症の特徴的な症状が出てきます!

炎症があると痛いし辛いですよね?

そこで炎症に対する代表的な処置の仕方をお伝えします☆     

 

    RICE処置(ライス処置) 

 

   RICE処置とはそれぞれの単語の頭文字を取って付けられた名前です。

   この処置は捻挫や骨折など幅広く使われている処置なので、

   もしもの時のために覚えておきましょう。

  

 

   RはRest安静・休むこと  

     

   Iはcing冷却・冷やすこと

     

   Cはompression圧迫すること 

     

   Eはlevation挙上すること

 

   もしケガをして、腫れたり熱っぽくなったりズキズキ痛いという時は、

   このRICE処置をまずやってみてください☆

   そして早めに治療をしましょう!

 

   ケガに関することは私たちにお任せください☆

   早期治療が早期治癒への道になります!

 

 

 

 

 

 

  

   アイクル鍼灸整骨院

   江東区深川1-1-2協和ビル1F(我が家の食堂さんとなり)

  TEL 03-3630-8810 

   

当院へのアクセス情報

アイクル鍼灸整骨院

所在地〒135-0032 東京都江東区福住1-14-6 松井ビル1F
電話番号03-3630-8810
休診日日曜・祝祭日
院長小椋 正樹