TEL

Blog記事一覧 > 交通事故について > 交通事故の後遺症は放っておくと大変な事になります/深川・門前仲町駅から3分のアイクル鍼灸整骨院

交通事故の後遺症は放っておくと大変な事になります/深川・門前仲町駅から3分のアイクル鍼灸整骨院

2014.10.22 | Category: 交通事故について

 

むちうち正式名称

 

「外傷性頸部症候群」「頸部捻挫」 などと呼ばれます。

 

そのケガの度合いによって症状の強さは変わります。

 

 

 

例えば、時速20Kmの軽自動車とぶつかった時の衝撃

 

体重200Kgの関取クラスのぶちかましと同等なのです。

 

それ故たとえどんなに小さい事故でも身体が受ける衝撃は大変なものです。

 



 

 

また交通事故直後は一種の興奮状態になるので

 

 

痛みに対する感覚が正常に働かないこともあります。

 

 


交通事故後の症状がハッキリしている場合は勿論ですが

 

「痛ない・少し痛い・大したことないなどの場合にそのまま放っておくと

 

後々痛み・脱力感・違和などの後遺症が出現し

 

それが何年間も持続する可能性があるのです。

 

もちろん日常生活仕事中や運動中にも影響が及ます。

 

 


このようなことにならない為にも

 

交通事故後はしっかりした検査

 

そして継続した治療をお勧めいたします。

 

 

 

 

 

交通事故の事ならお任せ下さい

 

アイクル鍼灸整骨院

 

 

03-3630-8810 

当院へのアクセス情報

アイクル鍼灸整骨院

所在地〒135-0032 東京都江東区福住1-14-6 松井ビル1F
電話番号03-3630-8810
休診日日曜・祝祭日
院長小椋 正樹